区民会議交流会を傍聴しました

キッズレポーター
高校3年 桑原香織

平成22314日、中原市民館で区民会議交流会が行われました。

 今回はこれまでの区民会議とは異なり、川崎市内にある7区全てが集まり、各区の取り組み状況や意見交換がなされました。この交流会には、阿部市長や各区の区長も参加されていました。

 それぞれの区の話を傍聴していて思ったことは、どの区も共通して区民会議の認知度の低さが問題となっていることです。確かに、区民会議がいつ、どこで行われているのか分からないという方が多いと思います。それ以前に、区民会議で何をやっているのかさえ分からない、ということもあるそうです。そのような状況を打破するためには、区民会議を大々的に宣伝することが必要だと思います。

7区区民会議フォーラム

7区区民会議フォーラム

 実際に川崎区で行われている取り組みは、とても分かりやすい宣伝だと思いました。

 その他にも、高齢者のための取り組みや環境について、まちづくりについて等、様々な話し合いがなされ、以前は幸区の問題や課題しか分からなかったことが、今回の交流会を傍聴したことによって、川崎市全体の状況を把握することができました。また、川崎市では、現在どのようなことが必要とされているのか、私たちはこれからどのようにすれば良いのかを深く考えることができる、有意義な時間を過ごすことができました。





サイト名: さいわいコミュニティサイト   http://sawacon.org
この記事のURL:   http://sawacon.org/modules/tinyd2/index.php?id=31