区民会議を傍聴しました。

キッズレポーター
 伊藤優理子(中学2年)

 

 平成21年8月31日(月)、区民会議を見学しました。

 

 これから台風がひどくなるようなので家が一番近い私が一人で出かけることになりました。

 

 区民会議がどのような会議なのかよく分からないで出席しました。入ったとたん大勢の方が集まっていて、子どもは私一人だったので緊張しました。

 

 資料の確認をしたあと「安全・安心・生きがい部会」から発表がありました。

 

 地域防犯活動を推進するために「あいさつ・声かけ運動」を幸区内で広めていくというものでした。

 

 知らない人に突然声をかけられるとびっくりしてしまうので、声かけする運動をするときには首にカードをぶら下げてするとよいのではないかと思いました。

 

 

 

 

 次に「子育て・環境・魅力づく部会」から夢見ヶ崎動物公園をみんなが集まりやすい場所にして地域コミュニティ活動を推進するという発表がありました。

 

 私も夢見ヶ崎動物公園は大好きです。交通の便がよくなってたくさんの人に来てもらえるようにPRするのはよいことだと思います。

 

 夢見ヶ崎動物公園だけでなくもっと幸区の自慢が増えていくとうれしいです。

 

 座席表をいただきましたが、どのような組織なのか分からなかったし、最後のほうの内容はよくは理解できませんでした。

 

 でも、幸区の大人の方たちが「熱心に『幸区のこと』を話し合っている」ということが分かってよかったと思います。

 





サイト名: さいわいコミュニティサイト   http://sawacon.org
この記事のURL:   http://sawacon.org/modules/tinyd2/index.php?id=27