FONT SIZE

メインメニュー

新着リンク

  • (2010-8-13)
  • (2010-8-13)
  • (2010-8-13)
  • (2010-7-25)
  • (2010-7-15)

高人気ダウンロード

  • (09/10)
  • (09/09)
  • (09/12)
  • (10/07)
  • (09/09)

Google検索

Google

ウェブ さいわいコミュニティサイト

キッズレポーターとして地域交流フォーラムを取材しました。

日  時    9月10日(日) 午前10時〜午後4時

場  所    幸市民協働プラザ(愛称:幸タウンカフェ)

レポーター   川崎市立塚越中学校3年 桑原 香織 

 

 「地域交流フォーラム」の午後の部は[竹とんぼで町の交流]があるというのでレポートに行ってきました。

 到着した時はすでに大勢の人がいて、開催場所である幸市民協働プラザは入り口までいっぱいでした。

 竹とんぼづくりの部屋は参加者のシニアと小学生50人、それに講師と見学者でクーラーが入っていないのかと思うほど熱気があふれていました。

 レポートするのには実際に体験するのが一番なので参加者に混じって竹とんぼを製作に挑戦してみました。

 今まで飛ばしたことはありましたが自分でつくるのは初めてなのでお店で売られているような竹とんぼを作れるのか不安でした。

 

  でも、講師の先生が分かりやすく説明してくれて、製作している時も優しく教えてくれたので簡単にできました。

一番難しいと思ったのは竹とんぼの羽を火であぶってねじるところでした。

 飛ばし体験は近くの廃校になっている小学校の体育館に移動して行われました。最初はなかなかコツをつかめず遠くへ飛びませんでしたが、コツを教えてもらったら良く飛び、とても嬉しくなりました。

 竹とんぼを使ってキャッチボールのようなことをしたり、バスケットボールのようなことをしたりとさまざまな遊び方ができると聞いていましたが、今回は予想以上に参加者が多く紹介できなかったそうです。

 2機め製作も時間がなくてできませんでした。残念!自分で製作した竹とんぼをお持ち帰りできたのはとても魅力的でした。

プリンタ出力用画面

前のページ
コンテンツのトップ 次のページ