FONT SIZE

メインメニュー

新着リンク

高人気ダウンロード

Google検索

Google

ウェブ さいわいコミュニティサイト

さわ懇の平成20年度を振り返る

この1年を振り返り思うこと

 

さいわい市民活動懇談会

会長 今井 淑子

事業報告

第3期(自 平成20年4月1日〜至 平成21331日)

 

1.さいわいコミュニティサイトの更なる充実

さいわいにも、多くの無償ボランティアのスタッフや支援者に支えられ、地域住民参加・双方向型「さいわいコミュニティサイト」は着実に内容の充実が図られたと思います。

幸区役所を始めとして多くの公共機関や民間団体からの情報の提供もありました。

夢見ヶ崎動物園からは多くのかわいらしい動物の写真を頂戴しました。

この場をお借りして厚くお礼を申し上げます。

平成20年度もさらに多くの方の閲覧があり、アクセス数を飛躍的に伸ばすことができました。

下記は今年度の月別アクセス数の推移を示したものです。

 

20年4月

5月

6月

7月

8月

9月

総アクセス数

207,069

232,631

251,818

300,161

314,272

289,669

平均

6,902

7,504

8,394

9,683

10,138

9,656

最高

8,609

11,477

12,852

12,175

12,552

13,777

最低

5,464

5,831

6,529

8,228

8,932

8,187

 

10月

11月

12月

21年1月

2月

3月

総アクセス数

321,405

328,668

335,847

316,531

311,296

400,084

平均

10,368

10,956

10,834

10,211

11,118

12,906

最高

12,664

15,868

16,249

12,850

15,743

14,667

最低

8,894

8,719

9,171

8,443

9,140

10,416

  •  総アクセス数300万件 平成20年7月4日達成
  •  総アクセス数400万件 平成20年10月13日達成
  •  総アクセス数500万件 平成21年1月13日達成

 さいわいコミュニティサイトの運営成果として、神奈川県主催「川崎地域県民集会」、日本広報学会指定研究「行政コミュニケーション事例研究」シンポジウム「行政広報と市民協働」に出席させていただきました。

2.地域のサイトの立ち上げ支援

幸区及びその近郊の団体・商店などへの働きかけを行い、サイト作成の支援を積極的に行いました。

地域の交流及び経済の活性化を促進するために、今後も継続して支援の活動をしてまいります。

3.幸タウンカフェ通信の編集・発行

今年度も年4回(7月、10月、1月、4月)発行することができました。

幸タウンカフェ通信は、さいわいコミュニティサイトの紙媒体としての役割をもつ重要な広報紙であることを認識し、区民の方が「手に取ってもらえる」よう紙面の充実を図ってまいります。

なお、これからも読者のご意見やご感想は一般教養クイズ等で反映していく所存です。

 

4.自主財源確保事業

 幸市民協働プラザではさいわい市民活動懇談会の自主事業として中高齢者対象のパソコン教室を開催しています。こちらの収入である程度事務経費を賄うことができますが、会費収入や寄付金収入などでより多くの資金を確保していかないと十分な活動は困難だと実感しています。

ご協力をお願いします。

 

最後になりましたが、次年度も行政などに対し、事業を積極的に提案・受託を要望していきます。

私たちが事業を推進すれば、従来のサービス形態・方法より市民ニーズに的確に対応し、課題解決がより容易になるという自信があるからです。そして、その多くが確かな成果を生むことが可能であると考えます。

プリンタ出力用画面

前のページ
キッツレポーターが本木紀彰幸区長にインタビュー
コンテンツのトップ 次のページ
My You Tubeに川崎市・幸区の広報ビデオを掲載