FONT SIZE

メインメニュー

新着リンク

  • (2010-8-13)
  • (2010-8-13)
  • (2010-8-13)
  • (2010-7-25)
  • (2010-7-15)

高人気ダウンロード

  • (09/10)
  • (09/09)
  • (09/12)
  • (10/07)
  • (09/09)

Google検索

Google

ウェブ さいわいコミュニティサイト

キッズレポーターが
鈴木建雄幸区長にインタビュー

● 日  時   平成18年7月12日(水)

● 場  所   幸区役所区長室

● レポーター 古川小学校6年生 野上隼斗

 
 今日は区役所のクーラーが壊れていて職員の方たちが皆暑そうでした。僕も暑かったです。

 区長さんの名前は鈴木建雄さんというそうです。区長さんは子供の頃おとなしい生徒で考古学者になりたかったそうです。
僕は勉強が嫌いなので勉強が好きになる方法を聞いてみました。先生を好きになる事だと教えてもらいました。

 僕はお祭りが大好きなのでもっと増やせませんかと質問したところ、大賛成してくれました。

 区長さんの仕事は、区民に喜ばれるような街にするために、色々な事を調整する事で、幸区をもっと生き生きとした皆が心豊かに暮らせるようにしたいと話していました。幸区は昔から住んでいる人が活躍しているけれど、跡を継ぐ若い人達にも頑張って欲しいと言っていました。

 区長さんはおすしと天ぷらが好きで今の季節はビールと焼肉がいいねと話していました。牛乳が嫌いだそうです。

 尊敬する人は植物学者の牧野富太郎さんだそうです。僕はその人を知らないと言ったら「95歳まで植物の研究をした有名な学者で、自分の発見した笹に亡くなった妻の名をとってスエコザサと名づけた」というエピソードも話してくれました。

 全然偉そうにしないので、区長さんと話しをしているという事を忘れてしまい、最後の方は僕の方がインタビューされていました。

 

プリンタ出力用画面

前のページ
コンテンツのトップ 次のページ