FONT SIZE

メインメニュー

新着リンク

  • (2010-8-13)
  • (2010-8-13)
  • (2010-8-13)
  • (2010-7-25)
  • (2010-7-15)

高人気ダウンロード

  • (09/10)
  • (09/09)
  • (09/12)
  • (10/07)
  • (09/09)

Google検索

Google

ウェブ さいわいコミュニティサイト


キッズレポーターとして平成20年度第1回幸区区民会議を傍聴しました。

日  時    7月31日(木) 午前10時〜12時

場  所    幸区役所 5階 第1会議室

レポーター   高校2年生 桑原 香織 


私は、以前3度キッズレポーターとして、区民会議を傍聴させていただいたので、今回は4度目になりました。


中学3年のときとは違って、だいぶ場の雰囲気にも慣れ、落ち着いて傍聴することが出来ました。


今日は、今年度第一回の区民会議でしたので、委員や参与の方々がお一人ずつ自己紹介をされたのち、委員長・副委員長を決める場面で、安岡委員が委員長を庄司委員、副委員長を猪股委員と推薦され、お二人に決まりました。

そして、委員長になられた庄司委員を中心に会議が進められ、課題及び審議テーマについての話し合いの中で各団体の課題の説明がありました。

    

 

「ごみ減量・リサイクルの推進」のテーマについて、この地域は服を分別して回収をしていないとの発言があり、確かに私が住んでいる地域でも分別していないなと思いました。
そもそも、服を普通ゴミと分別して捨てることを知らなかったのですが、たまたま少し前に学校の授業でこの話題が取り上げられ、初めて服を分別して捨てることを知り、それ以来少し気にしていたのでとてもタイムリーな話題でとても興味深かったです。
 

また、「緑化推進」についてでも、川にテトラポッドは置いてあるが、流れが速く危ないのにも関わらず、柵も何もないという発言がありました。
夏になると全国的に水の事故が多く、子供に限らず大人も誤まって川に転落してしまったら、命に関わる大変な事態になってしまうので、流れが速かったりする危険なエリアには是非柵を作っていただきたいと思いました。
 

今回は、審議テーマの決定だったため、まだそこまで深く突っ込んだ話し合いではなかったと思います。

これから、審議テーマに関する現状の把握や検討などの会議がまた開かれていくそうなので、傍聴できるときは傍聴をし、自分も一緒に幸区のことを考えていきたいと思いました。

また、会議の内容も理解出来るようになれたので、次の段階として、ただ各委員の方々が会議をしているのを聞いているのではなく、自分の中にも考えを持って傍聴していきたいと思いました。

プリンタ出力用画面

前のページ
コンテンツのトップ 次のページ