FONT SIZE

Google検索

Google

ウェブ さいわいコミュニティサイト

IMGTag D3 Module
アルバムトップ 07.風景・建物 :  世界遺産:マチュピチュの歴史保護区(ペルー)画像を追加画像を追加

Just Back To First Image.  Previous Image  70  71  72  73  74  75  76  Next Image  Jump To Last Image

世界遺産:マチュピチュの歴史保護区(ペルー)

世界遺産:マチュピチュの歴史保護区(ペルー)
画像情報

 高ヒット 投稿者 _MD_D3IMGTAG_CAPTION_GUESTNAME
ヒット数545  コメント数0    ファイルサイズ 52.35 KB  解像度 640 X 480マチュ・ピチュ(Machu Picchu)は、ペルーのウルバンバ谷に沿う高い山の尾根(標高約6,750ft=2,057m)に位置する、よく保存されたインカの遺跡。「マチュ・ピチュ」はケチュア語で「老いた峰」を意味する。山裾からはその存在を確認できず、しばしば「空中都市」「空中の楼閣」「インカの失われた都市」などと呼ばれる。

この遺跡には3mずつ上がる段々畑が40段あり、3,000段の階段でつながっている。遺跡の面積は約13km2で、石の建物の総数は約200戸が数えられる。

熱帯山岳樹林帯の中央にあり、植物は多様性に富んでいる。行政上クスコと同じ地域に属している。現在ペルー国内では10ヶ所あるユネスコの世界遺産のうちでは最初にクスコと同時(1983年)に指定された。

未だに解明されていない多くの謎がある遺跡でもある。2007年7月、新・世界七不思議の一つに選ばれた。

出典:フリー百科事典 ウィキペディア (Wikipedia)
Just Back To First Image.  Previous Image  70  71  72  73  74  75  76  Next Image  Jump To Last Image

IMGTag D3 v0.40 By OceanBlue
AJAX Features Disabled.