FONT SIZE

メインメニュー

新着リンク

  • (2010-8-13)
  • (2010-8-13)
  • (2010-8-13)
  • (2010-7-25)
  • (2010-7-15)

高人気ダウンロード

  • (09/10)
  • (09/09)
  • (09/12)
  • (10/07)
  • (09/09)

Google検索

Google

ウェブ さいわいコミュニティサイト
TOP> 麻生区> 歴史など
 
沿革    (2009-10-2 - 461 Clicks)

8世紀にはすでに朝廷に麻布を納めていたという記録が残っている。

そして、鎌倉時代には「麻生郷」という記載がありこの時代から「麻生」の名があったことが分かる。

江戸時代末期には「細山村」「黒川村」で炭焼きが行われていたことを示す記述がある。

この炭は「黒川炭」と呼ばれていた。

1889年 橘樹郡に生田村、都筑郡に柿生村・岡上村が成立

1938年 橘樹郡生田村を川崎市へ編入。

1939年 都筑郡柿生村、岡上村を川崎市へ編入。

1972年4月 川崎市の政令指定都市移行に伴い、多摩区発足。

1978年 黒川より2万4千年前の石器が発掘される。

1982年7月 多摩区のうち旧柿生村・旧岡上村の全域、および旧生田村の一部が分区し麻
      生区が設置される。

※ フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
0.042 sec.