FONT SIZE

Google検索

Google

ウェブ さいわいコミュニティサイト
  
投稿者 : admin 投稿日時: 2009-09-16 21:58:22 (1114 ヒット)

住所:幸区塚越1−64

 

古川小学校の西側に御嶽神社があります。

元々丘の上にあった社で、今でもその威厳を保っています。

創建時期は不明新編武蔵風土記稿の中でも「御岳社村」とあり、「勧請の年代詳ならず。」とあります。

近くには塚越の地名の由来となった円墳があります。

御嶽神社創建時にこの円墳の一部が盛土として使われた際、刀剣が出土しました。

また、南北朝時代のものと考えられる板碑も出土しています。


投稿者 : admin 投稿日時: 2009-09-16 21:56:34 (922 ヒット)

住 所:幸区小倉1038



古くから小倉村にあった八雲神社と八幡神社の地に新社殿を創建して、郷土と氏子の繁栄を祈念したものです。

八雲、八幡両社の創建の時代は明らかではありませんが、八雲神社境内出土の板碑類により、およそ800年以前に遡るものと伝えられています。

八雲神社は天王社とも称し、徳川時代夏季の例大祭には御輿の渡御があり、胡瓜を捧げて祭祀する風習があったと伝えられています。

当社境内右手奥に摂社大六天社と富士浅間社があります。
 


投稿者 : admin 投稿日時: 2009-09-16 21:52:15 (1255 ヒット)

住 所:幸区南加瀬1-2-2
電 話:044-588-8425



夢見ヶ崎公園に隣接しており、鎌倉時代末期元弘年間(1331〜1333年)に創建されました。

太田道灌が江戸城築城の夢のお告げを得たという言い伝えや、小田原の北条氏政公が八棟造りの社殿を造営して祈願所としたという由緒を持ちます。

8月第1日曜日が例祭で、毎年4月第1日曜日には、道灌・氏政両公を偲ぶ「春祭 道灌・氏政まつり」を当社文化教室の野点(のだて)、日舞、書道展に奉納演芸を交えて賑やかに行なわれる。


投稿者 : admin 投稿日時: 2009-09-16 21:45:44 (2489 ヒット)

 
住所:幸区鹿島田684

祭神:鹿島大神、香取大神、武よう槌神、本地佛釈迦座像



鹿島大神は鎌倉時代の創建で村の鎮守となりました。

やがて開拓が進み、水田ができると鹿島大神に寄進し、のちに鹿島の水田・・・、こうして鹿島田の地名がうまれたらしいです。

現在、境内に幼稚園を併設しています。


投稿者 : admin 投稿日時: 2009-09-16 21:43:12 (1433 ヒット)

 
●住  所:幸区小向242
●交通案内:JR・京浜急行「川崎駅」から東急バス川31〜33系統
     (溝の口、川崎営業所、市民ミュージアム行き)
     「東芝前」下車、すぐ


川崎市では現在3ヶ所で獅子舞が続けられています。

 その1つ、幸区小向(こむかい)に伝承されてきた小向の獅子舞は、毎年8月の第2日曜日に小向・八幡大神境内で舞われています。
昔は八幡大神の例祭日である9月18日・19日に舞うのが恒例でしたが、舞手の学校の都合などから現在の日程に改められました。
また、この獅子舞は毎年1回必ず舞うというのではなく、祝い事や悪疫退散のために臨時に舞うこともあれば、逆に災害などで不作であった年は休んだといいます。

 この小向の獅子舞は、享保年間(1716〜1736)にこの地出身の僧、顕妙院日義(にちぎ)上人によって伝えられたといわれており、妙光寺には宝暦7年(1757)の年号が刻まれた上人のお墓があります。

 小向の獅子舞は、「大(おお)獅子」「中(なか)獅子」「女(め)獅子」の3頭に「仲立ち(なかだち)」が加わって舞う1人立3頭形式です。
3頭の獅子はそれぞれが獅子頭を被り、胸に羯鼓(かっこ)をつけた出で立ちで、腕を大きく振り、立ったりしゃがんだり飛び跳ねたり、優雅で躍動的な舞を披露します。

 舞手の他に、囃子(はやし)手として大太鼓、笛、唄それにササラを奏でる少女達が加わります。
仲立ちを演じる小学生の男の子から、唄を担当する長老たちまで、地域の人々が年齢に応じて何らかの形で獅子舞に関わり続けられることも小向の獅子舞の特徴の一つです。

 また、小向の獅子舞では、祭の前夜、獅子舞に参加する全員が行列を組んで町内を廻る「練り込み」が行われます。
行列は町内会館を出発し、妙光寺に詣で、「道行き」等の曲を奏でながら町内を一巡します。
町内の人々は家の門口で行列を出迎え、ご祝儀をふるまいます。
この時、獅子頭の幕を子供の頭に被せてもらっている光景が見られますが、こうしてもらうと病気をせず丈夫に育つといわれています。

 小向の獅子舞は平成13年(2001)、県指定無形民俗文化財に指定されました。

(川崎市HPより)
 


(1) 2 3 »